良いルール

今日は体育館に行きました!

体育館の日は午前の会議で時間割を決めます。

バドミントン、人狼鬼ごっこ、人狼バレー、対戦ドッチボール、サークルドッヂボール、自由時間

↑これらを2時間の中でどうこなすかを決めました。

今年度は体育館を頻繁に借りました。だんだんと体育館の利用が濃い時間になっていくなぁと感じるスタッフです。

 

バドミントンは年齢に分かれて練習しています。

毎週上達しています♪

体育館全面を使った人狼鬼ごっこは公園でする時とまた違った楽しさや難しさがあります。

 

人狼鬼ごっこは走るだけではなく頭脳戦でもあるので、時には立ち止まってどう立ち回るかを考えます。

年齢差や足の速さの差があってもみんなが楽しめる素晴らしい集団ゲームなのです😊

人狼鬼ごっこは5戦行いました。この後もまだまだ時間割があるので休憩もしっかり取ります♪

 

対戦ドッチボールは年齢に合わせたハンデがあります。

以前は「ドッヂボールには参加したくない」という生徒がいたのですが、今は全員でドッヂボールの試合をしています。

どんなハンデが良いかを考える会議を行ったら、参加したくない「やっぱり参加したい」や「勇気を出して参加したら楽しかった」「ハンデは年下の子のためだと思っていたけど、自分も楽しく感じる」と言っていました。

一度の会議では完璧なルールは作られませんが、話し合い→検証を繰り返すとみんなの完璧が完成します。

話し合いもドッヂボールも一緒に参加している大人のスタッフも楽しくてしょうがないと感じます😊

 

 

 

関連記事

  1. 昨日は暑かったのに、

  2. お誕生日会と人狼鬼ごっこ

  3. 別行動

  4. 夏休み明け

  5. リアルおままごと

  6. 寒い!