サバイバルしっぽとり

最近は毎日しっぽとりをしています。

個人戦にしたり、チーム戦にしたり、サバイバル制にしたり、都度話し合いながらいろんなルールを設定して遊んでいます。

サバイバル制は、しっぽを取られたら終わりではなく、取られても最後の1人が取られるまで参加し続けることができます。

最終的にはしっぽのない人全員が、残りの1人を全力で追いかけることになり、迫力満点のとても白熱した試合になります😆

ひとつの遊びに対していろんなルールを設定し、どのルールが楽しいか検証することで、遊びの中身がどんどん進化していくと感じるスタッフです😃

 

スタッフも本気で戦います!

勝てるととても嬉しいです😆

 

公園から帰った後は、ワードウルフをしました!

司会の人はどんなワードをチョイスするか、ものすごく頭を使います。

プレイヤーも、自分のカードに何が書かれているか、バレないように慎重に話をします。

例えば、今日は4人でプレイしましたが、「みかん」が3人、「柿」が1人という試合がありました。

どのカードが誰に配られているか分からないので、

「これは食べ物?」

「丸いもの?」

「色は?黄色、それともオレンジ?」

「甘い?酸っぱい?」

のように、慎重に、バレないように、探り探り会話をしていきます。

やればやるほど奥の深いゲームだと感じます。明日もこのゲームをみんなとできるのが楽しみなスタッフです😃

関連記事

  1. やっぱり鬼ごっこ

  2. 会議でかくれんぼのルール決め

  3. みんなでドッヂボール

  4. 冬の次って夏だっけ??

  5. 祝日だったので、

  6. ゲームセンターと駄菓子屋さん