木タッチゲーム

昨日は雲が広がる時間帯も多かったので、みんなで公園に行くことが会議で決まりました😃

会議で「木タッチゲームをしたい!」と発言してくれた生徒がいたので、公園では木タッチゲームをすることになりました♫

最近は暑さで行くことができなかったため、久しぶりの公園です。

 

とはいえ、今日も暑い暑い😅

世間は夏休みですが、公園はガラガラでした。

 

少し自由に遊んで、

 

木タッチゲームスタートです!

木タッチゲームとは、缶蹴りのような、スクールのオリジナルゲームです。

鬼にバレない様に木にタッチできたら勝ち、というルール。

缶蹴りだと、ひとりが缶を蹴ると他の人が蹴られなくなってしまいますが、木タッチにすると異年齢の全員に勝つチャンスが生まれます😃

 

「鬼やりたい!」と名乗り出てくれる生徒もいます😃

木のそばで20秒数えて、その間にみんな隠れます。

 

鬼よりも先にタッチできるように木に向かって全力で走ります。

3歳の生徒も鬼をしましたが、ギリギリのところで上級生に抜かされて、先に木にタッチされてしまいました😅

 

さて、室内では人狼ゲームにどハマりしています。

今日は多いときには7人で行いました!

人狼は人数が多ければ多いほど楽しいゲームです。生徒が増えて、人狼もさらに盛り上がって、とても嬉しいスタッフです😊

 

霊媒師、裏切り者という新しい役職者も入れて、さらに面白くなりました♫

大貧民のときもそうでしたが、どうしたらより面白くなるのか、よりみんなが楽しめるのか、話し合いながらルールを増やしたり変更したりしています。

 

昨日は木曜日、最後は掃除をして帰りの時間を迎えました。

以前はおもちゃの片付け、仕分け、掃除機に30分以上かかっていましたが、昨日は15分で終わりました!

「これはどこにしまうの?」「次は何したらいいの?」と聞かれることも本当に少なくなりました😊

関連記事

  1. めんたいパーク行く!

  2. おままごと

  3. 公園で宝探し

  4. 缶蹴り転回

  5. 秋の公園

  6. クリスマスとマイクラの会議