お金ブロックに囚われて

今は昔、

私は、

  • お金は貯めておかなきゃいけない
  • 少しでも安く買いたい
  • 少しでも良い時給で働きたい
  • 節約を心掛ける

と言う思考で生活していました。お金が手元から無くなるのが恐怖で、踏み切れない事はいっぱいありましたし、子どもの将来や自分の老後などが不安で不安で、お金の事を考えるのが嫌いだったので、もう考えないようにしていましたw

これはお金ブロックがある状態と言えます。ここで言うブロックとは、凝り固まった概念の事です。

これだとやはり個性を生きる事とは逆の人生になりかねません。

と言うわけで、「個性を生きる」とお金との向き合い方はどうなるのでしょう?

 

少し飛躍したお話ですが、

「誰か1人を満足させる」と言うお話があります。それとお金がどう繋がるのかと言う事ですが、

「まず誰でも良いから、目の前の1人を満足させて、その満足のコップが溢れたら、次の人が現れる」

と言う事だそうです。最初にこの話を聞いた時はポカーンでしたw

この話をしてくれたのは(社)RASインターナショナル代表の松坂氏でした。

当時私はカウンセリングセッションを提供するために、講座を受けていました。資格取得後はいつでもセッション提供が可能で、セッションの料金設定は自由なのですが、どの様に設定したら良いかと言う話題で出てきたものです。

お金を稼ぐためにどの様な料金設定をしたら良いか?

と言う視点よりもまず先に「誰か一人を満足させるためには?」と言う視点を話されていました。

なるほどー!稼ぐ事を考えるよりなんだか清らかな気持ちになれるなぁなんて思いました。

でも本当にそれで安定した収入になるかは疑問でしたが、収入の事を考えるより、「誰か1人、誰が良いかな?その人のために何ができるかな?その人にぴったりの料金設定はどのくらいかな?」と考える方が明らかにワクワクしました。

少し話は変わりますが、東京都世田谷区立の中学校で、校則なし、宿題なし、チャイムなし、授業参加は自由、校内どこで過ごしても良い、

と言う学校があって、公立学校なのに大人気なのですが、こちらの学校に配属になった先生は最初はすごく戸惑うのだそうです。

そんな時、こちらの校長先生は

「兎に角、愛を持って生徒と接しなさい」と伝えているそうです。

でもお若い先生方、まだ独身とか、恋愛経験もまだそこまで無かったりで、「愛」についてがよくわからないのだそうです。そんな時、校長先生は、

「愛がよくわからなければ、誰か1人の生徒で良いからとことん目を掛けてやりなさい。そうすれば愛がわかるから」

と伝えているとの事です。

なんだか松坂氏のしていたコップを溢れさせる話と似ているなぁっと思いました。

1人の生徒に愛を注ぎ続けると、その生徒の愛のコップが満たされて、次の生徒に目を掛けて行く。

こんな感じになるのかと想像しました。

つまり、愛を注ぐ事ってお金とも繋がっているんじゃないか?っと思いました。と言う訳で二つの話を掛け合わせて、

「お金は愛なんだ」

と言う思想が芽生えました。「誰か1人を」と言う話が、「お金」と「愛」の話の両方で出てきましたからね。

そうすると「お金を使う=愛を注ぐ」と考えて良いでしょう♫

そんな訳で、私のお金の使い所の判断基準は「愛」と言う事になりました。と言っても「愛とは」と言う事もはっきりしていませんでしたが、何となくでも愛を感じる事にはお金を払っても良いかなと思うようになりました。

例えば「このクッションを買うと家族が快適になるな」とか「このゲームを買ったらワクワク過ごせる」「疲れたからタクシーを使おう」など、

自分や家族にとってプラスになる事にはお金を使う様になりました。更に生産者や販売者の意向も気にする様になりました。

「愛のある商品だなあ」と感じるものに出会えたり購入出来たりするとすごく幸せを感じました。

 

お金を使うだけで収入はどうなるの?と言う話ですが、

「まず1人を」と言う作業を始めてから、お金が入ってくるまでは「時間差」があるらしいです。

個人的には「そうなんだぁ」くらいに捉えたのですが、家族持ちの男性に「まずは1人」「時間差」と言う話をしたら、

「その時間差怖いなぁ😰」と返ってきました。

確かに、それもそうですね。どのくらいの時間差か本当にわからないですもんね。時間差の合間に貯金が尽きるとか有り得るのかもしれませんしね。

 

また話は変わりますが、横浜の方で産婦人科を開業されている、胎内記憶研究で有名な池川明先生と言う方のお話で、

「お金が必要になったら子どもがどっかから持ってくるから、大丈夫」

と言うのがありました。

つまり、赤ちゃんがお腹に来てくれるとはとても尊い事なんだから、お金が心配だとかそんな事を気にしないで、大切に育んで、楽しく一緒に過ごせば良い、と言うお話の流れの中の一節です。

なんだかほっこり笑ってしまうお話でした☺️ 収入、貯金の事を心配するより断然幸せな気持ちになりました。

と言う訳で、このアイディアも採用♫

最初にあったガチガチのお金ブロックはすっかり変化しました。

  • 誰か1人の人を満足させ切る事から始める
  • 最初から増やそうとしない
  • 愛があるかないかで購買を判断
  • 無駄遣いはしないが節約もしない
  • 愛とお金は比例する
  • お金はなんとかなる

こんな感じですかね?

それまで考えない様にしていたお金と向き合う事は最初の瞬間はストレスでしたが、また一つ前向きに考えられる思考をGetできたので、「個性を生きる」と決意して良かったと思います😊