社会性はどの様に育まれるの?

あおぞら学校の理念に「社会性との調和」と言うのがあります。

これについては「個性を生きる」つまりは「自分の感情を認める」と言う事を意識して生きれば自然とついてくるものなので、あおぞら学校の生徒達が社会性と調和する事を中心に考えていると言う事はあまりないと思いますが、

「自由な学校」と聞くと、「社会性は無くて大丈夫なの?」と感じる大人の方はいらっしゃいます。つまり、個性を生きる事と社会性が育まれる事に繋がりが無いと思い込んでいる人は意外と多いのかもしれません。

「社会性」と聞くと、大勢の人と接したり、兄弟が多かったり、習い事などの経験が豊富だったり、外国語が堪能だったりする人は「社会性」もありそうなイメージで、親子以外の関係で育む物とされていますかね?

社会性が育まれる環境、社会性のある人とはどんな事を言うのでしょうか?

ちなみに、心理学者の間では「社会性とは何か」と言う定義は定まっていないそうです。

確かに「社会性とは」と言う事を誰かに教えるとなると難しいですよね。頑張って言葉にして、「空気を読む事」が精一杯な気がします😅

個人的には「社会性を育むために」と言う意識で何かをしようとしたり、子どもにやらせようとしたりするのはとてもナンセンスだと思うのです。

ですが、社会性が育まれる原理の様なものはあるので、知っていたら自分自身にとっても子を持つ親の立場にとっても役立つ知識になり得ます。

↓この図説だと、3歳くらいから社会性の芽生えはあるっぽいですね。

6歳までにある程度社会性が育つための準備が整うのかと考えると、小学校入学時期は理にかなっていますね。

ですが、小中高大を卒業しても感情を人前で無闇に剥き出しにしたり、泣き落とし作戦の様な事をする大人はいますよね。「(3歳以下の)子どもかっ」と突っ込みたくなります😅

暴力、いじめ、パワハラ、毒親、ブラック企業、DVなど、大人社会でメジャーな問題は社会性のある大人の行いとは言えませんね😓子ども達にはお恥ずかしい事です。

と言うわけで、普通教育機関で社会性が養われるかどうかは別問題だと思うのです。日本の識字率が100%なのは普通教育機関のお陰はかなりありますけどね。

 

さて、子どもと言えど、6〜7歳の小学校入学以降には「他人に迷惑を掛けてはいけない」「自分の事や物は自分で管理する」「他人の気持ちも大切にする」と言う事が腑に落ちている、または反抗心無くこれらに関しての注意事項を守れる事が求められる立場になります。

そのためには、「離別感」を味わう事を済ませている事が必要で、その後の社会性が身につくかを左右します。

 

「離別感」については簡単に説明すると、「他人も自分と同じ様に心があるんだ」と言う気づきの事です。

「離別感」の一段階前を「母子一体感」と言います。

赤ちゃんがお母さんの都合など考えずに夜泣きしたり、わがまましたりする段階を「母子一体感」と言い、そこから、「お母さんにも感情があるんだ」と気付く段階を「離別感」と言います。

他人の気持ちが予測できたり、思いやったりできるとされる段階に入るのですね。5〜6歳くらいから習得できるものだそうです。

 

つまり「離別感」の体験が済んでいない人は「他人の感情なんて自分には関係無い」と言う「母子一体感」のアイディアが根底には残っているのです。

子どもの年齢ならただの「甘えん坊」で済ませられますが、思春期あたりから悪質、陰険な事を他人にしたり、大人になってもそれをやめられないと言う事があるので、子を持つ親の立場としては、「離別感」について理解しておく事は重要だと思います。

私自身が感じるのは、「離別感」は勝手に段階に入るものではなく、「家庭環境」が重要だという事です。逆に「離別感」を得るのに妨げになる様な家庭環境もあるという事です。

つまり、「家庭環境」は教育機関より「離別感」についての影響は大きいのです。

小学校入学前の時点で「離別感」が確立していない人が集団に入っても「離別感」も「社会性」も得られないと私は思うのです。

教育機関は「離別感」の習得が済んでいる事を前提にしているので当たり前ですけどね。

つまり、自分の事を話せる事以外に他人の気持ちや意見を傾聴できるなら「社会性」が身に付きます。ですが「離別感」を得ていない人にとっては他人への傾聴はかなり難しい事になります。

そうなると「離別感」についてあまり認識されていない現代社会にも問題はありますが、その問題を回避する術はありますし、簡単です😊

 

まず、自分のお子さんに「離別感」を得て欲しかったら「どんな気持ち?」と尋ねる事を心掛ける。ただこれだけ。もちろん、その後に「あーそうだったんだぁ」みたいな共感はセットです。

例えばお子さんが「学校を休みたい」と言ったとします。これに対して、「理由は?」と尋ねるだけだと「離別感」習得とは結び付かないのです。

因みに、私の娘は4歳の時に「保育園に行きたくない」と言い出しました。もれなく「なんで!?」と聞きましたけどね😅 当時の私も「理由」を聞きたかったし知りたかったのですが、幼い娘に理由説明は難しく、「良い気持ちなのか嫌な気持ちなのか」と言う気持ちだけは聞く事ができました。

当時はそれだけしかわからない事に戸惑いましたが、今思えばそれだけで良かったんです。後々問題解決もできましたしね♫

問題解決を急ごうとすると「理由」を言わせたくなりますが、解決を急がない事も大切な場合が多いのです。

例え「嫌だから」と言う返答がお子さんからあったとしても、その原因を取り除いたり解決しようと親だけが頑張るのは時として余計こじれたりします。

「手伝って欲しい」とお子さんがサインを出してくるまで具体的な手出しは待ちましょう。「気持ちを聞いてもらう」と言う事だけで前進できるのが子どもの凄いパワーです。

自身の経験だと、ゆっくりお風呂にでも浸かって話すとお互いリラックス状態で話せました。毎日と言うわけにはいきませんが、子どもが小さいうちだけの大事な時間です😊

言葉が発達していて、理由を話す事が上手だったとしても「気持ちを話す」と言う事は欠かしてはいけません。

理由説明は気持ちを話す事とセットにしないと、気持ちの整理がつきにくくなると言う子ども達の姿はよく見られるのです。

犯罪心理学者の方のお話でも「気持ちを尋ねる」事の重要性は出てきます。少年犯罪をする子ども達には「上手に言い訳をしようとする」「自分の気持ちがわからない」と言う特徴はよく見られるそうです。

「離別感」ができていない人の特徴なのかもしれませんね。

そして、親の立場から何か伝える時は、i(アイ)メッセージ(「私は」を主語にした文章で話す事、「私は良い(悪い)と思うよ」など)で伝えると言う事が次に大切だと思います。

iメッセージは自分の気持ちを伝えるツールとしては最適なので、親子がお互いにこの様なコミュニケーションを心掛ければ気持ちを伝え合う関係になれるんですね。

家庭環境に「気持ちが伝え合える関係性」がある事はお子さんにとって後々強みになる事請け合いですね!「気持ちを伝え合う」事で「他人にも自分と同じ様に心があるんだ」と言う事を深く理解できる器ができるのです。

 

ですが、自分の気持ちを上手く説明できなかったり、iメッセージの使い方がよくわからないと言う大人の方は結構多いので、その状態で子持ちとなると、いささか心配ではあります😓

すでに自立した大人の年齢に達しているけど「離別感」の習得体験が済んでいないと言う人は実は多くいます。

まずは自分がそれに該当しているかに気づく事ですが、もし気付けたなら、その時から「喜怒哀楽の感情を感じ切る」事を始めましょう。

具体的には、自分のお子さんに「どんな気持ちだったの?」と質問する様に、自分自身にも「どんな気持ちだったの?」と尋ねるのです。そしてちゃんと自分自身に返答しましょう。

幼いお子さんはお母さんの助けが必要ですが、大人の方は「離別感」を得るためのセルフトレーニングが可能なのです。

「本当はお母さんにしてもらいたかった」と思いながら自身が子育てをすると言うのは大変な事ですが、

現代社会に生きる他のみんなにも同じ課題があるので、被害者意識でいたり、他者と競争したりせず、仲間意識で頑張る事が楽しむ秘訣かなと思います。

特に夫婦は最高の仲間になり得ます😊

 

少し話は変わりますが、お子さんに関わるお仕事をしていて目にした例で、

「我が子が学校でお友達にカンチョウをして、お友達をすごく怒らせてしまった。カンチョウをした理由は朝礼中に暇だったからだと。」

と言うお話がありました。もちろんご両親から「それはやってはいけない事」と話したそうですが、カンチョウをしてしまった本人の様子としては、「カンチョウはしない」と言う感じで、その他の嫌な事を他人に言ったり、わざと意地悪をするなど他人の困るところを喜ぶ傾向にはありました。

「自分がされたら嫌だとはわかるけど、他人にする事はやめられない」

と本人が話してくれました。

その他にもヒステリーを起こしたり、黙り込んだり、嘘をついたりと言う事が癖になっているお子さんも

「他の人がやっていたら嫌だなと思うけど、他にどうしたら良いかわからない」

と答えるのです。

他人に迷惑を掛けたり、傷付けてしまっている事はすぐに止めさせなければいけません。その後はやはり、どんな事に対しても気持ちを話すと言う訓練を親子でして行くしかないと私は思うのです。

特に、人を傷つける事を選択してしまっているお子さんは他人の気持ちがわからないのはもちろん、「自分の気持ちがわからない」となってしまっている事があります。むしろ気持ちだけ話してくれれば良いのに、6歳くらいで言葉の遅れはないのに、自分の気持ちが話せない状態にあったりします。

そこからスムーズに自分の気持ちを離せる様になるまでは時間がかかるかもしれませんが、親子でやるしかありません。教育機関やカウンセラーがいかに優れていても「親子」の関係を超える事はありません。

と言うわけで、「母子一体感」が続いている我が子は決して「放置」してはいけません。地道な作業だったとしても、例えお子さんが20代でも30代でも親がケアしてあげれば良いと思います。

あ、もちろん大人の年齢の方は親を頼らずともセルフでできますが、自分に「母子一体感」を求める感情、つまりは他人に無理をさせてでも甘えたいなどと思う感情があるなら放置はダメです。セルフケアを試みましょう。

 

「離別感」を獲得できたかな?と言う確認は以下の項目について、お子さん本人が腑に落ちているかが判断の参考になります。

  • 危険行為
  • 迷惑行為
  • 規範意識
  • 自分の学習状況を把握
  • 挨拶
  • 感謝の言葉

↑これらができていない我が子の姿を見ると、

「危険な事はしてはダメだよ」「人に迷惑を掛けてはダメだよ」などと言いたくなりますが、

それだけでは不十分です。どんな事も、どんな時もまず、

「どんな気持ちだったの?」

まずは親子でここからです。

と言う訳で、「離別感」を獲得できていない、または「母子一体感」が残っていると言う状態で「個性を生きる」事はかなり不利になります。

「社会性」自体は家庭の外で育まれますが、それに欠かせない「離別感」は幼いお子さんにとっては家庭以外では得られないと考えるのが自然だと思うのです。